Fラン大学生に激推しなアプリ→詳しくはこちら

【最新版!】就活で100%選考に通過するエントリーシートの作り方

GOAL-BLOGトップバナー

Fラン大学卒の新社会人GONが「Fラン大学生専用の就活対策情報」を発信しているブログです。Fラン大学生だったGONが就活無双できた秘訣を全てお伝えします。

平凡な自分でも就活で成功したい、就活に自信がない、どんな悩みでも解決します。GONと一緒に就活を乗り越えましょう!

》GONって誰やねん。どんなやつか教えてくれや

初めに、下記の悩みがある就活生に「一番みてほしい記事」を紹介させてください!

就活の悩み
  1. 就活に自信がない
  2. 就活の始めたては何すれば良いの?
  3. 始めるタイミングが遅くて焦ってる
  4. 選考に落ちすぎてもう嫌

この悩みを一気に解決することができ、しかも即効性がある対策は「就活サービスを利用すること」です。こちらの記事で「元Fラン就活生がガチで厳選した就活サービス」まとめましたので、ぜひみてください。

GONさん

内定を取る人は間違いなく使っているサービスなので要チェックです!

Fラン大学生だったGONだから分かる
平凡な就活生にマジで激推ししたい”就活アプリ”

Fラン大学生だけに教えたい激推しサービス

Offerbox(オファーボックス) 
→しっかりと登録すればFランだろうと、名の知れた企業から逆オファーが来る神アプリ。知らないとまじで損してます、ガチで。

キャリアチケットスカウト
→自分の価値観を最も重要視してくれる「オファー型就活アプリ」。自己分析や他己分析など、サービスが超充実していて、本当に価値観がマッチする企業に巡り合うことができます!

情報はここから仕入れよう

dodaキャンパス(アプリ)
→あのベネッセが運営してる「逆オファー型就活サービス」!登録するだけで99%オファーが来るのがマジで魅力的すぎる。ウェブ版もあるよ。

キャリアパーク就活エージェント
→情報網を駆使した的確なアドバイスがおすすめな就活エージェント!サイトでは超有料級の情報が”タダ”でみれちゃいます。。

こちらの記事で他にも「厳選したおすすめな就活アプリ」についてまとめています!

GON

全部”就活生は無料”だから、登録しないのはマジで損です!

【就活のエントリーシート】内定を取るために必要なこと全まとめ!

皆さんこんにちは、ゴールブログ管理人のGON(@GONSAN_77)です。

このブログでは「平凡な大学生が優良企業から内定を獲得する方法」について日々発信しています。

前回の記事で「内定を取るための就活対策」を説明しています!まだ、見れていない人は先にこちらから記事を見てください。

皆さんは以下のような悩みをお持ちではありませんか?

24卒Fランズくん

エントリーシートの対策を知りたいです。
必要なこと全て教えてください。

GONさん

エントリーシートは就活において第一の壁です。
Fランでも足切りを受けない完璧なESを作る方法をお伝えしますね!

  • 皆さんのお悩み
  • エントリーシートの対策を知りたい
  • 選考に通るESの書き方を知りたい

当記事では、Fラン大学生時代に死ぬ気で就職活動をした実際の体験談をベースに記事を作成しています。体験談ベースの記事なので、皆さんのお役に立てると思います!

「内定を取るエントリーシートの秘訣について簡単に知ることができるので、最後まで読んでくれると嬉しいですm(__)m

※この記事は約5分で読むことができますので、気軽に読んでくださいね。

この記事を書いた人
Goの写真
GON(社会人ブロガー)

プロフィール

どこにでもいるFラン大学卒の新卒一年目です。当サイトでは、平凡な大学生が優良企業から内定を取るための方法を発信しています。学歴なくても戦えること、一緒に証明しましょ!

この記事の目次

エントリーシートの対策6つの手順

就活のエントリーシートの対策は大きく分けて、以下の6つです。

就活のエントリーシートの対策
  1. 自己分析の情報を洗い出す
  2. 伝えたいことを明確にする
  3. エントリーシートの基本を知る
  4. エントリーシートを作成する
  5. エントリーシートを添削する
  6. 選考にエントリーをする

エントリーシートとは企業に提出をする履歴書のようなものです。企業ごとに質問の内容が異なっていますが、基本は「学生時代に頑張ったこと」や「志望動機」などが聞かれます。

GONさん

途中でよくわからないことがあればTwitterのDMまでご連絡ください。皆さんの就活をお手伝いさせていただきます。》Twitterはこちら

エントリーシートの基本

エントリーシートの基本について説明します。種類や提出をするタイミング、文字数などエントリーシートには様々なルールが存在します。

就活を始めた当初は必要ないと思ってしまいがちな基本的なことも、しっかりと抑えておくことで柔軟に対応ができるようになります。

手始めにエントリーシートの基本的なことについて一緒に覚えていきましょう!

きじおく

※就活初心者だけに教えたい〇〇

ここで一つ皆さんにとって超有益な情報を共有させてください。結論から言うと「紹介する就活サービスを使ってない人は大損」してます。

僕も学生時代にFラン大学に通っていて、就活をするときに情報がぜんぜん無くて何をすれば良いか初めの頃は全くわかりませんでした。そのせいで出だしに遅れてしまい、危うく就活失敗になるところでした。

そんな僕を救ってくれたのが「就活サービス」。就活の情報不足から僕が抜け出せたのは間違いなくありったけの就活サービスを利用したからです。

ここでは特におすすめしたい2つのサービスを紹介します!他の優良なサービスはこちらの記事で紹介しているので、ぜひみてください。

》内定を取る就活生の9割が使っている「就活サービス」26選!

GUCCIさん

どうもグッチです。
就活初心者の方に激推しなアプリを紹介させてください!

激推しな就活サービス
  1. オファーボックス
  2. キャリアチケットスカウト

これらの悩みを一気に解決することができ、しかも即効性がある対策は「就活サービスを利用すること」です。特に「オファーボックス」と「キャリアチケットスカウト」は就活初期にマジで使うことがおすすめな就活サービスです。

①オファーボックス

オファーボックス
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 優良企業からガチで逆オファーがくる
  • 平均24.6件のオファーが届く!
  • 就活生の3人に1人が使ってる
デメリット
  • 興味ない企業からのオファーもくる
  • 興味ある企業からオファーがこない場合もある

②キャリアチケットスカウト

キャリアチケットスカウト
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 価値観を重視してくれる!
  • 自分らしく働ける企業からオファーが届く
  • 自己PRやガクチカの作成がクッソ簡単
デメリット
  • スカウト企業がハズレの時もある
GONさん

とりあえず、この二つはダウンロード必須です!
ダウンロードしてから読み進めていきましょう。

①自己分析の情報を洗い出す

エントリーシートを作成する前に、まずは自己分析で得た自身についての情報を洗い出してまとめましょう。

自己分析とは「過去の出来事から自分の強みや弱みなどを分析すること」を指します。

自己分析で強みや弱みを明確にしておくことでエントリーシートを通して、「あなたの魅力」を最大限伝えることができるようになります。

既に自己分析を終えている人は、こちらの記事で自己分析で得た情報をエントリーシートで活用するために振り分ける方法についてまとめています。ぜひ見てください。

》更新次第掲載します。

GONさん

自己分析について、まだ行うことができていない人はこちらの記事を見てください!

》【就活の自己分析】内定を取るために必要なこと全まとめ!

②伝えたいことを明確にする

自己分析で得た自身についての情報をもとにエントリーシートを通して「何を伝えたいか」を明確にしていきます。

伝えたいことを明確にしておくと、「伝えたいことを伝えるためのエントリーシート」を書くことができるようになります。

読み手からしても、エントリーシートを通してこんな事が伝えたいんだなと理解もしやすくなり、就活生も読み手の人事もwin-winな関係になることができます。

特にエントリーシートの頻出質問である「学生時代頑張ったこと(以下:ガクチカ)」や「自己PR」では、この考えをもとに作成したエントリーシートが高く評価される傾向が強いです。

次に「良くある伝えたいこと」と「伝えたいことの見つけ方」を説明します。

①良く使われている伝えたいこと

伝えたいことと言っても、そもそもどんなことを伝えればいいのか分からないと判断つかないですよね。

そこで、良く使われている伝えたいことを一覧にまとめたので共有します。

良く使われている伝えたいこと
  • 自身の強みと弱み
  • 体験を通して得た学び
  • 入社後の働いているイメージ
  • 将来のビジョン

上記が良く使われている伝えたいことです。

自己PRでは自身の強みを伝えることができますが、複数個の強みを伝えることはできません。そんな就活生に一つだけ聞きたいことがあります。

本当は伝えたいけど伝えられていない「あなたの魅力」ってありませんか?

自己分析で得た情報が多いほど、伝えたいけど文字制限で伝えられていないことはあるのではないかと思います。自分の魅力は全て伝えたいと思うことは当たり前です。

ここで皆さんに伝えたいことは、あなたの魅力を伝える設問は「自己PRだけではない」ということです。

例えば「ガクチカ」です。ガクチカでは、皆さんが学生時代に力を入れて取り組んだこと「経験」について記述をしていきます。単に経験を述べるのでは無く、「この文章では〇〇な強みを伝えたい」と意図を持って記述をする事で、ガクチカの経験だけで無く皆さんの強みも伝えることができます。

自己PR以外で強みを伝えようと考えている就活生は非常に少ない印象があります。意図を持ったエントリーシートの作成ができるようになると一気に選考に通過しやすくなるので是非取り組んでください。

②伝えたいことの見つけ方

伝えたいことの見つけ方ですが、結論から言うと自己分析を徹底的に行うこと一択です。

でも一人で自己分析をして、過去の体験から自分の強みを何個も見つけるなんて難しいですし、時間がかかってしまいますよね。そこでおすすめなのが「ストレングスファインダー」です。

ストレングスファインダーとは、わずか177問の質問で、あなたの優れた才能が明らかになる自己分析ツールです。自分では気がつくことのできない強みを知ることができ、自分の強みを発揮するための行動も示してくれます。

また、該当する強みを持つ人が取る行動も明記してくれるので、自己分析で得た過去の体験のエピソードとリンクする可能性が非常に高いです。過去の体験から自分の強みを理解して、伝えることができると人事の方は高い評価をしてくれます。公式HPはこちらから。

GONさん

マジでおすすめです。自己分析にかける時間を半分に短縮できます。

③エントリーシートの基本を知る

エントリーシートの基本を理解していきましょう!

そもそもエントリーシートは何のためにあるのか。なぜ書かないといけないのか。全てまとめましたので、ぜひみてください。

①エントリーシートとは?

上のやつコピペする

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

エントリーシートの超基本情報についてこちらの記事でまとめています。

》エントリーシートとは?なぜやる必要があるのか、目的を理解していこう!

②エントリーシートの「自己PR」とは?

エントリーシートの「自己PR」とは、自身の強みと強みに関するエピソードについての設問を指します。

自己分析で得た「あなたの強み」を過去のエピソードと共に記述をします。どの企業でもほぼ聞かれる設問なので早いうちから手をつけて内容を磨いていく事が大切です。

エントリーシートの設問の中では比較的簡単な方なので、初めてエントリーシートを書く人は「自己PR」から取り組むことをおすすめします!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

③エントリーシートの「ガクチカ」とは?

エントリーシートの「ガクチカ」とは、学生時代にあなたが頑張ったことについての設問を指します。

ガクチカは非常に自己PRと似ていると言われていますが、正確には人事が見ている点が異なります。

ガクチカでは、就活生の学生時代頑張ったことのプロセスから、その人の魅力やポテンシャル、会社に合うかなどを見極めています。

ガクチカも就活ではどの企業の選考にもある設問なので対策は必須です。単に学生時代に頑張ったこと(実績など)を記述するだけでは選考に通らないので気をつけましょう。

エントリーシートの設問の難易度的には2番目に難しいと思います。

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

④エントリーシートの「志望動機」とは?

エントリーシートの「志望動機」とは、その企業になぜ志望するのかについての設問のことを指します。

文字通り、なぜその企業に志望しているのかを過去の経験をもとに文章を考えて記述をします。本当に心から行きたいと思う企業でも、内容が薄ければ簡単に落とされてしまいます。

志望動機では、どれだけ会社に入社したいか、そう思うようになった原体験がありしっかりと自己分析ができているかなど、様々な要素が絡んできます。

そのため、個人的にエントリーシートの設問の中では1番難しいと思っています。

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

④エントリーシートを作成する

基本情報をインプットした次は、いよいよエントリーシートを作成していきましょう!エントリーシートの作り方は意外と簡単なんです。

自己分析でしっかりと情報を得ることができていれば、あとは正しい書き方でまとめ上げるだけとなります。まずはエントリーシートで聞かれる頻出質問など、基本的なことから見ていきましょう!

エントリーシート作成の流れ
  1. 設問に沿って大枠を作る
  2. 伝えたいことを明確にする
  3. 過去の経験と紐付ける
  4. 正しい書き方に沿って書く
  5. 自己添削を行う

①設問に沿って大枠を作る

一つ目は「設問に沿って大枠を作る」ことです。

エントリーシートをいきなり書き始めるのではなく、各設問に沿った大枠を作りましょう。この際、細かく書くのではなく大まかに何を書くのかだけメモにまとめてください。

これを企業ごとに出されているエントリーシートの設問ごとに作成してください。最初はめんどくさいかもしれませんが、ガクチカなどの主流の設問は一度やれば転用できるので、最初だけ踏ん張りましょう。

詳しい事については、こちらの記事で紹介をしています。

②伝えたいことを明確にする

二つ目は「伝えたいことを明確にする」ことです。

大枠を作り、その中で自分が何を伝えたいのかを明確にしていきます。エントリーシートで伝えて良いあなたの魅力に制限はありません。

ただ、多すぎると一貫性がなくなってしまうリスクがあるので、多くても3個くらいを目安にしましょう。

1番伝えたいあなたの魅力と他にも伝えたいあなたの魅力2つくらいを明確にできると良いです!

③過去の経験と紐付ける

三つ目は「過去の経験と紐付ける」ことです。

大枠や伝えたい事が明確になったら、それらをあなたの過去の経験と紐付けを行います。

例えば、リーダーシップという伝えたい事がある場合、自身のリーダーシップ発揮した経験を思い出して書き出すのようなことを行います。

自己分析ができていると簡単に紐付けができるようになります。難しいと感じた方はもう一度自己分析を見直してみてください!

過去の経験と伝えたいことを紐付けることで、話の信憑性がグンと上がるので必須な対策です!

④正しい書き方に沿って書く

四つ目は「正しい書き方に沿って書く」ことです。

ここまで、三つのフェーズに分けてエントリーシートを書くにあたって必要な情報をかき集めました。今度はそれらを使って、実際にエントリーシートを書いていきます。

エントリーシートは正しい書き方を理解していればなんら難しいことはありません。また、正しい書き方と言っても今までかき集めた情報をパズルのように当てはめていくことがメインの作業になります。

詳しいことはこちらの記事にまとめているので是非見てください。

⑤自己添削を行う

最後にやることは「自己添削を行う」ことです。

エントリーシートに必要な情報を集め、正しい書き方で書いたら、最後に添削を行いましょう。

就活を始めたばかりだと、添削をする時なにを見ればいいのか分からないですよね。当時の僕がまさにそうでした。

そこで、この記事を読んでくださった方限定でエントリーシートの添削チェックシートをプレゼントします!

今回配布するチェックシートを活用して、自己添削を行なってください。チェックの数が多くなるほど、あなたの魅力が伝わりやすいエントリーシートになります。

「添削チェックシート」が欲しい方はTwitterのDMで連絡をお願いします。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

⑤エントリーシートを添削する

エントリーシートを作成した次に行うことは「作成したエントリーシートを添削する」ことです。

添削って、自分で書いたやつを自分で見るんですか?

それじゃあ、添削ってより確認じゃない?

二人の言う通り、自分以外の人に添削をしてもらいます。

ここでは、自分で作成した人を自分以外の人に見てもらい「読みやすさ」と「理解度」を中心に添削をしてもらいます。

ここで問題が一つ発生するんです。就活生の知り合いや先輩がいなくて、誰に添削をして貰えば良いのか分からない問題です。実際に僕も添削をしてくれる友達が就活初期の頃はいなかったため、この対策ができていませんでした。

そこで皆さんに紹介したいことが二つあります。下記を行うと添削相手が間違いなく見つかります。添削をして、皆さんのエントリーシートを更なる高みに持っていきましょう!

添削相手を見つける方法

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

一次面接は「エントリーシート」や「WEBテスト」をクリアした就活生が受けることのできる最初の面接です。

面接方式はグループ面接やグループディスカッションが多く採用されています。企業の規模感が大きくなればなるほど、グループ面接などを採用している企業が多い印象です。

一次面接は「ヤバいやつを篩い落とす」ためにある選考だと思ってください。対策すれば絶対通るので、着実に準備をしていきましょう!

GONさん

記事が出来次第リンクを載せます。

⑥選考にエントリーする

添削が終わったら、次に行うのは「選考にエントリーする」ことです。

ここで言う選考は時期によっても変わりますが「インターンシップ」や「企業説明会」のことを指しています。ベストは大学3年の夏季インターンシップに応募することです。

皆さんに念を押して伝えたいことが一つあります。それは「エントリーシートに自信がなくてもとりあえずエントリーすること」です。

完璧なエントリーシートを作成してからじゃないと選考にエントリーできないルールなんかありません。しっかりとあなたの強みが伝わる文章になっていれば、一旦提出してみましょう。

もしかしたら受かるかもしれませんし、落ちたらその時に対処すれば良いだけです。とにかく受けてみてください。選考にエントリーができるサイトと、より効率的にエントリーすることができる方法を紹介します!

選考にエントリーできるサイト
  • マイナビ
  • リクナビ
  • 就活アプリ
  • 就活イベント

①マイナビ

②リクナビ

③就活アプリ

④就活イベント

就活の面接で良くある質問

就活の面接でよくある質問はこちらになります。

【まとめ】面接対策はやればやるほど選考通過率がグンと上がる!

【まとめ】面接対策はやればやるほど選考通過率がグンと上がる!

最後まで記事を読んでいただき本当にありがとうございます。間違いなくみなさんの就活戦闘力は上がってきています!引き続き、各就活対策を極めて内定をとりにいきましょう。

就活の面接対策はやればやるほど、選考の通過率が上がっていきます。僕のような平凡なFラン大学生が就活で逆転するためには徹底的に対策をする事が大切です。

正直、一人で対策をしていると悩むことや難しいこと、色々あると思います。そんな時は是非ゴールブログに連絡をください。無償でサポートしますので。

他にも就活に関する記事をまとめているので、ぜひみてくださいね!

超おすすめの記事はこちら!

内定を取るために必要な面接対策の全てがわかったみなさんに次に見ていただきたい記事は「GONが厳選した超オススメ就活のサービス」のまとめ記事です。

就活はとにかく情報戦です。鮮度の良い情報を誰よりも早くゲットする必要があります。鮮度の良い質の高い情報をゲットするためには今回「就活サービス」を駆使するしかありません。

就活サービスを使い倒して、完璧な就活分析を行いましょう!

  • 便利すぎる就活サービスを知れる!
  • 就活初心者にオススメ!
  • 就活がうまくいかない時に使うべき!
就活をするなら「効率的にコスパ良く」やりたくないですか?内定を取る人は使っている「就活サービス」を26個紹介しました。使ってない人が損しているので、皆さんも自分が使っているサービスがあるのか確認してください。

おすすめの記事

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

役に立つと思ったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次